index
アーカイブ

虫歯ができるまでの流れをご存知でしょうか。虫歯は、細菌の感染によって引き起こされる、一種の感染症です。虫歯を引き起こす代表的な細菌として、ミュータンス菌(ミュータンスレンサ球菌=mutans streptococci)と呼ばれるものが挙げられます。虫歯菌は食べ物のカスなどが歯にくっついてできた歯垢(プラークとも言う)に棲息し、長く歯の表面に留まります。 これら種々の虫歯菌が生産する「酸」によって、歯のカルシウムやリンなどの無機成分が溶け出し、エナメル質や象牙質が破壊され、最終的に歯根まで達して歯を崩壊させます。これが虫歯ができてしまうまでの流れです。これを防ぐためには、正しく丁寧な歯磨きをする事が必要です。ただし、歯垢のすべては歯磨きだけでは取り除くのは難しいので、定期的に歯医者さんに行って、歯垢を除去してもらうのが良いでしょう。歯医者さんのところへ定期的に検診を受けに行く事は、虫歯を防ぐためにとても有効な手段の一つです。

歯磨きと虫歯

浪速区桜川・堀江の歯医者|たいと歯科クリニック

毎回の食事の後や寝る前に歯磨きをする時はどのように磨かれていますか?歯磨きに関しては、虫歯の予防のために強くブラッシングをする人が多くいます。しかし過剰に力を入れてゴシゴシガシガシと歯を磨くでは、汚れを効率的に除去することができないだけでなく、それどころか歯を保護するエナメル質をはがしてしまい、最終的に虫歯になりやすい歯を作り出してしまう可能性さえあるのです。そんな事になってしまわないためにも、まず歯磨き粉をつけずに歯ブラシだけでブラッシングして口の中の汚れを取り除きましょう。それからフッ素を配合している歯磨き粉をつけて、もう一度磨きます。この時、磨き残しをなくすためにも、歯を磨く順番を決めて毎日その順番で磨きましょう。いくら力を入れても虫歯の予防にはなりませんし、むしろ逆効果にさえなってしまうかもしれない。その事を意識して、優しく正しく丁寧なブラッシングをしてあげるように心がけましょう。

寝屋川市の歯医者|インプラントひなた歯科